スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

彼女の何が救済なのか

最近、仕事が忙しく、なかなか遊ぶ暇がありません。
井上敬介です。

先日読んだ「ガリレオ」が意外に面白かったので、
調子に乗って、二冊同時刊行の長編の方も読んでみる事にしました。

その本がこちら。
「聖女の救済」です。

聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


帯に
「おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ。」
という刺激的なアオリがついているのですが、それを裏切らない出来栄え。
前回読んだ「ガリレオの苦悩」と比べると、こっちの方が私は楽しめました。

映像化シリーズを見てから読むと、本の登場人物がそれぞれの俳優(女優)のイメージで目に浮かびます。
湯川がしゃべっていると、福山雅治が話す姿が想像できるし、
内海がメモをとっていると、柴崎コウがメモを取る姿が脳裏に現われる。
キャラクターの固定イメージ化が良いのか悪いのかは分からないが、
私は結構楽しめました。

内海(柴崎コウの役)はテレビ化する際に
「画面に女性を入れたい」
という理由で作られた「後付けキャラ」だそうなんだけど、
女性特有の勘が鋭い内海は、男性特有の理屈っぽい湯川と対照的で、掛け合いが面白い。
うまくハマってると思います。

タイトルについて。
「容疑者Xの献身」の時もそうだったんだけど、一見するとタイトルの意味が読めない。
物語が終わってから初めて
「彼の何が献身だったのか」
「彼女の何が救済だったのか」
が分かる作りになっている。
「容疑者Xの献身」の映画化の時もテレビシリーズを踏襲して
「劇場版 ガリレオ」
とした方がユーザーにはキャッチーだったわけだが、
そうせずにオリジナルままのタイトルをつけられたところを見ると、
作り手側がタイトルを大事にしていることが良く分かる。

これも映画化するかな。
今から
「誰が綾音(犯人)役をするのが良いか」
を考えておきます(笑)。
スポンサーサイト
21 : 23 : 31 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミステリも読んでみることにした | ホーム | ガリレオに手を出してみた>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keisukeinoue.blog50.fc2.com/tb.php/64-67fd2fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。