スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

幻冬舎ルネッサンスの出版セミナー

今日は雨が降ったり止んだりで変な天気でした。
しかも降りだしたらドシャ降り。
地球温暖化の影響ってこういうところにも表れているのかもしれませんね。

井上敬介です。

今日は昼過ぎにセミナーに行ってきました。
行ったのは幻冬舎ルネッサンス出版セミナーです。
幻冬舎ルネッサンスは名前の通り出版社「幻冬舎」のグループ会社で、自費出版(彼らの言葉では「個人出版」)をサポートしてくれる会社です。
以前から執筆に少々興味を持っていたので、ちょっと足を運んでみました。

始まる前の様子。
出版セミナー
早めに行った私の到着直後の様子なので、写真では人がまばらですが最終的には20人弱の人が入っていました。

セミナーの内容は実際に自費出版で本を出した方に来てもらって、本を書き始めたきっかけ、書いている最中の苦労、書いた後の反響などをお話してもらう形でした。

作家先生は天野節子さんという方。
なんでも自費出版で出したミステリ小説「氷の華」が好評で
自費出版→商業出版→文庫化→テレビドラマ化(しかも主演が米倉涼子)
とトントン拍子で成功したそうです。
へー、凄い。

氷の華 (幻冬舎文庫 あ 31-1)氷の華 (幻冬舎文庫 あ 31-1)
(2008/06)
天野 節子

商品詳細を見る


作家さんのお話も面白かったのですが、聞き手として進行を務めていた幻冬舎ルネッサンスの代表小玉圭太さんの
「自費出版をするのに編集せずに出す会社も正直あります。でも、編集を経ない本は本ではない」
という言葉が印象的で私の心に強く残りました。
仕事に対する自負、真摯に取り組んでいる姿勢がそのまま言葉になって出ている気がします。
そういう人、私は好きですね(笑)。


そのセミナーが終わった後、出版相談会に参加しました。
一応、企画はあるので、それに基づいて聞いた話の重要なところだけ書くと
  • 費用は概算(あくまで概算)で220万円~
  • ライターが付くと+100万円~
  • 原稿は大体600字詰原稿用紙×200ページで12万字程度。
  • 印税は初版8%、重版10%
と、いったところ。

「これで一発儲けてやるぜ」といった山っ気はないのでご心配なく(笑)。

それでは今日はこの辺で。
それじゃ!
スポンサーサイト
22 : 29 : 01 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ドクターフィッシュ(動画付き) | ホーム | 人間工学的道具>>
コメント
という誠実な幻冬舎ルネッサンスは著者を言われない理由で警察に訴える。自殺者は出す。しまいには盗作まで出したってさ。
by: どんぶり * 2011/05/30 00:34 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keisukeinoue.blog50.fc2.com/tb.php/42-b66e641c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。