スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

讃岐うどん&屋島神社&屋島寺&屋島水族館

昨日、従兄弟の結婚式に行ってきました。
途中、もらい泣きしてしまいそうになったのは内緒です。

井上敬介です。

香川県高松市の観光備忘録を書いておきます。

周ったのは屋島。
源平合戦で那須与一が扇を弓で射た伝説で有名な「屋島の戦い」があったあの屋島です。

地図で言うとこの辺り。

大きな地図で見る
高松市街の東に位置します。


「先ずはうどんを食べないと話にならない」
と、いうことで行ったのは屋島のうどん屋「わら屋」。
waraya.jpg
名前の通り藁葺き屋根がなかなか趣のあるお店です。

うどん
食べたのはざるうどん。
これなら暑くても食べられます。
麺に讃岐うどん独特のコシがあり、美味しかったです。

そしてわら屋のお隣にある屋島神社へ。
屋島神社1
讃岐東照宮の別称からも分かるとおり徳川家由来の神社だそうです。

石段を下から見たところ。
屋島神社2
炎天下だったので登るのを躊躇しましたが、
「せっかくだから」
ということで一段一段足で上がってみました。

屋島神社3
最上段から市街地の方を見たところ。

鳳凰など立派な彫り物もあったのですが、
写真に撮るのはバチが当たりそうなので(笑)やめておきました。

さらに車で山の頂上付近へ。

駐車場すぐにあるお寺はお遍路さん84番目のお寺「屋島寺」です。
屋島寺
前の日記で88箇所のうち一箇所は行きたいと言っていたので、野望達成です。

行って感じたのは施設がすごく立派だということ。
全然1/88という気がしません。
お遍路行くのって、すごく贅沢なイベントだという気がします。
「いつか足で全部を周ってみたい」と本気で思っています。

ちなみに例の如く「バチが当たりそうだから」中の写真はありません(笑)。

屋島の頂上にて。
円盤型の瓦を投げると厄除けになるという言い伝えがあるそうで、私も投げてみました。
瓦投げ

頂上付近では高松市、瀬戸大橋、瀬戸内海、岡山県が一望できたので動画を撮ってきました。
私の解説?付です。



さらに先。
「屋島水族館」という水族館があったので行ってきました。

入り口付近で迎えてくれたのはイルカです。
屋島水族館イルカ


炎天下の中、ちびっ子達に混じってイルカショーも見てきましたよ。

しかし、イルカのジャンプ力は本当に凄い!




駆け足でしたが、高松の旅行を振り返ってみました。
十代、二十代のころは日本の伝統、歴史の重みに対して興味を持てなかった私ですが、
三十路に入って、俄然興味が沸いてきました。

国内でも折をみてあちこち行ってみたいと思っています。
今年中にもう一箇所、どこか有名どころを攻めてみますか。
スポンサーサイト
23 : 23 : 14 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<夏の記憶 | ホーム | 姫路から高松へ移動>>
コメント
西国二十七番札所
そりゃあ「書寫山圓教寺」でしょう!^^
by: きねのすけ * 2008/08/16 10:40 * URL [ 編集] | page top↑
確かに(笑)。
まずそこからですな。
by: 井上敬介 * 2008/08/16 14:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keisukeinoue.blog50.fc2.com/tb.php/32-f8e5c92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。