スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

書評「知頭力を鍛える 問題解決に活かす『フェルミ推定』」

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る

今日も暑かったですね。
井上敬介です。

今日の本は細谷 功著「地頭力を鍛える 問題解決に活かす『フェルミ推定』」です。
昨年出版の本を再読。
年初くらいから「地頭力」という言葉が流行っていますが、そのブームの火付け役の本です。

内容を要約すると
「現代において仕事をする上で問われるのは地頭力だ。
地頭力とは『結論から』、『全体から』、『単純に』考える思考力。
フェルミ推定を使えばそれらを鍛えることができる」
といったところ。
ほぼ帯そのまんまですね。すみません。

積み上げ式の物の考え方では思考にモレ・ダブりが生じやすく、
短時間で大雑把な値が欲しい場合(例えば仕事の工数見積もり)では効果を発揮しにくい。
しかし、全体から発想が出発する知頭的思考だと大きなモレ・ダブりが発生せず、
先の場合に大きく威力を発揮するというとのことです。

確かに
「全体を大雑把にザクッと捉えて、そこから割って考えていく」
という、アプローチは仕事をする上でとても効果が高い。
私の経験では進捗の遅い人・要領が悪い組織は往々にしてそういう視点が抜けています。

一緒に仕事をする人全員がそういう視点を持てれば良いのですが、それは無理な相談。
言語化できなくても肌レベルで理解できている人しか、全体からアプローチすることの重要性が分からないからです。

本書に立ち戻ってもそう。
「『地頭力』を読んで理解するためには、
読者にそれなりの地頭力が要求される」
という残念なパラドクスがそこには存在します。

おまけ:
勤めている会社では月一で若手が議論をする勉強会がありまして、その勉強会の中で
「最近どうやら『地頭力』というものが巷で流行っているらしい。勉強会でも話題に取り上げよう」
という話が出たらしく、メンバー数人が私に相談に来ました。
その時、一般的な地頭力の問題と出題内容の間にズレがあったので、アドバイスする機会がありました。
それを踏まえての再読です。

内容の正誤はさておき、会社の中で知識を共有しようとする姿勢は、私が過去勤めた会社にはなかったものです。
内輪ながら素晴らしい活動だと思います。
スポンサーサイト
23 : 04 : 11 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<書評「ポリティカル・セックスアピール 米大統領とハリウッド」 | ホーム | 書評「悩む力」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keisukeinoue.blog50.fc2.com/tb.php/20-b7bd31d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。