スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

書評「頭のうちどころが悪かった熊の話」

頭のうちどころが悪かった熊の話頭のうちどころが悪かった熊の話
(2007/04/02)
安東 みきえ

商品詳細を見る

こんにちは。
今日、前の会社のフットサル大会に行って来ました。
日焼けで真っ黒になって帰ってきましたよ。
井上敬介です。

今日の本は「頭のうちどころが悪かった熊の話」です。
タイトルと装丁が面白かったので、そのうち読もうと決めていた一冊です。
池袋ジュンク堂本店8F児童書のコーナーで見つけてきました。
7つの短編を一つにまとめた短編集となっています。

こういう本は「素晴らしいと褒めないと感性が鈍い人」と思われそうですが、敢えて言います。
私には全然分からなかったです。

短編の中で唯一「お、ちょっと面白い」と感じたのはおたまじゃくしとヤゴの友情の話です。
親友となった彼らが成長の先に交わした言葉は、「私もこういう気持ち今でも持っているよ」と言いたくなるものでした。

逆に「何それ?」と思った箇所も。
旅人がトラの悩みを解決してあげる話の最後の部分。
自分のために丁寧に時間を割いてくれた旅人に対して、トラが取った行動にうんざり。
アンハッピーな終わり方にすれば人が何か教訓を得られると言うわけではありません。

児童書なのですが・・・、これ、子供が読んで本当に面白いのでしょうか。

私に子供がいれば、また違った見え方をするのかもしれませんが・・・
それでも違う本を読み聞かせたくなると思います(笑)。

今日のところはここまで。
それでは。
スポンサーサイト
22 : 02 : 49 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<書評「思考の整理学」 | ホーム | 書評「本は10冊同時に読め!」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keisukeinoue.blog50.fc2.com/tb.php/11-705b3707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。