スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

書評「本は10冊同時に読め!」

本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
(2008/01/21)
成毛 眞

商品詳細を見る

今日も独り言のような記事を書きますよ。
井上敬介です。

今回は成毛眞著「本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである!」を取り上げます。

著者の成毛眞さんは1991年にマイクロソフト日本法人社長に35歳で就任した方で、一言で言って「豪腕」。
歯に衣着せぬ言動をするので、人によっては賛否分かれる人ですね。

まずタイトルについて。
「本を読まない人はサルである!」とは随分過激。
でも、正直分かります。

内容について、簡単にまとめると「本を読まない奴は一生『庶民』。いろいろなジャンルの本を広く浅く読まないと生き残っていけない」というような内容です。
文章のあちこちに彼の「人としての厳しさ」が現れており、合わない人が読んでも「なにこの人?」という印象を受けるでしょうね。
私は「そういう風に悪く取る人も多いだろうな」と思いつつも、「言ってることは合っている」という感想を持ちました。

個人的に気になったのは「人生は遊ぶためにあり、仕事も道楽の一部である」というコトバですね。
前半部分については正直「遊ぶための人生」とまで思えませんが、後半部分は共感できます。
私は仕事を「道楽」と考えています。
そう思おうとしている訳ではなく、自然とそう思っています。
これは案外特殊らしいです(笑)。
そう思わないと続かないですし、生産性も上がりません。
世のサラリーマンには「定年が来るのが楽しみ」と思っている人が結構いるそうですが、それってとても悲しいことですよね。
仕事はやっぱり「楽しんでナンボ」じゃ、ないでしょうか。

そして個人的に気づいたことをもう一点。
著者は注目している書評家として松岡正剛を取り上げています。
「知の巨人」とまで言っています。
私は松岡正剛という方をこの間まで知らなかったのですが、先日日記に書いた池袋ジュンク堂でのワークショップ「本は三冊で読む。」を運営しているのがイシス編集学校という組織で、そのイシス編集学校を主宰しているのが他でもない松岡正剛でした。

こんな具合で、「本の外の世界でいろんなものが繋がっている」ことを本によって知ることができるのは、個人的には非常に面白く感じる体験でした。

本日はここまで。
それじゃ!
スポンサーサイト
22 : 55 : 14 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<書評「頭のうちどころが悪かった熊の話」 | ホーム | 書評「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」>>
コメント
せいごお
松岡正剛の思考回路はよくわからんですが、哲学、文学、歴史、科学などジャンル横断的に多読を重ねた知見はまさに賢者と呼ぶにふさわしい人だと思います。
編集のプロセスは「知恵」なのだと思いますが、とにかく「知識」が膨大ですよね。
話の展開が他分野にどんどん展開しているところは、並みの読書量・知識量ではついていけません。

でも、そんな松岡正剛は僕が目指すひとつの方向性でもあります。

最近のミクシィの日記にも書いていますが。
http://ameblo.jp/catelier/
by: gutti * 2008/07/21 23:12 * URL [ 編集] | page top↑
guttiさん

先日はありがとうございました。

「近年、検索技術が発達したため、脳に知識を溜める必要性が薄れてきた」という話をよく聞きますが、ある意味でそれは正解で、ある意味で的を外していると私は思います。
なぜなら、検索するためには先ずそのものに対して断片的な知識を必要とするため、結局(正確でなくてもいいから)出発点としての知識は大量に必要だということが分かっているからです。

そういう意味でもguttiさんがブログでも意識されているように、多読による知識の詰め込みは、個人が何かを成す為には必要なプロセスでしょうね。
by: 井上敬介 * 2008/07/21 23:48 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keisukeinoue.blog50.fc2.com/tb.php/10-6ca1dc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。