スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

君は陽気なギャングで良いんじゃないか?

仕事納めは明日ですが、もうすっかり年越し気分になってます(笑)。
井上敬介です。

今日は本の話。
今月始めに「この本を読む」と言っていたのに、意外に長く掛かってしまいました。
その本がこちら、伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」
2009年版の「このミステリーがすごい!」の国内部門の第一位になった小説です。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



設定を簡単に言うと
「舞台は近未来の仙台
新進気鋭の総理大臣が地元での就任パレード中にラジコンヘリコプターによる爆弾テロで死亡する。
主人公はその暗殺事件の犯人に仕立てられてしまい、必死に逃亡するのだが・・・」
といった内容。

事件のモデルはケネディ暗殺事件。
ドラマとしては「逃亡者」。
両方ともアメリカの話。
これを無理やり日本風にアレンジしているのだが・・・、設定に無理がありすぎる

総理大臣は就任パレード、警察官は非常時にはショットガンをぶっ放しても良い・・・って、どこの国の話やねん!
(ちなみに作者も自身でその辺りがうまく昇華しきれていないと思っているらしく、最後の「謝辞」で言い訳めいたことを書いている)

この辺り、うまく騙されてあげるというか、目をつぶってあげることができないと、読者は物語の中に入り込めない。

で、私は話の途中から
「あ、これは、日本ではなくて、こういう別世界の話なんだな」
と思うように方針転換。
そうするとみると、意外に最後まですんなり読めてしまいました。
面白くないというわけでもない。
しかし、読み手が読み方に気を使って読む本って一体何なんだろう。


最初に筆者が主人公を不利にしすぎたので、後半に主人公にとってラッキーなことを重ねて、助けていくのが意図的過ぎ。
このあたりが著者の技量の見せ所と思うのだが、世間一般にはどうなんだろう。
ミステリファンは、皆、心が広いということなのだろうか、
それとも「ミステリは設定に騙されてあげるのが大前提」といった暗黙知が存在しているのだろうか。
そのあたりのことは普段、ミステリを読む習慣がない私には良くわからない


ガリレオを二冊読んでみて、せっかく「お、ミステリも意外に面白いじゃないか」と思った私だが、
「やっぱり、しばらくミステリは良いかな」
と思い始めてます(笑)。
スポンサーサイト
16 : 25 : 23 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

シーサイドゴルフ木更津

温かくなったり、急に寒くなったりと天気が安定しませんね。
いつも冬になると「寒さが大の苦手」と言っている私ですが、冬はやはり寒くないと気分が出ないかな。
井上敬介です。

先週の土曜日、会社の同僚たち3名と木更津のショートコース「シーサイドゴルフ木更津」に行って来ました。

スタート前の様子。
シーサイドゴルフ木更津


ここのコースはラウンドの仕組みが変わっています。
9ホールしかないのですが、それをティーの位置を変えて2周します。

今回、パー54のコースを2ラウンドしましたが、結果は・・・
1周目 OUT 50, IN51 TOTAL101
2周目 OUT 46, IN50 TOTAL96

でした。

うーん、上手くならない・・・。
と、いうのも勉強して得た知識をフルに動員して、
「このシチュエーション、この方法がハマればビタ止まりのはず」
という皮算用を先にして、とにかくトライ、結果、失敗して大ケガの連続。

特に
60y残し→SW満振り→ビタ止まり
のはずが、
60y残し→SW満振り→ホームラン→リカバリー→失敗→傷口を広げる
という悪循環も・・・。
とほほほほ・・・。

いやいや、下手なうちにトライしないと上手くならないですね。
精進です。

で、当日のショット。

105yのホールでPW満振りのシーン。
「見事、1オン!」と思ったが、カラー(グリーンの渕)で止まってしまって、ガックリしている図です。

こうやってみると、最近、意識的に腰を切ることで、(バックスイングじゃなく)フォロー側を大きくしているのだけど、それが見て取れる。
ただ、まだまだバランスが悪くてよろけちゃってますね。
良いバランスを見つけないと。

あ、そうそう。
ドライバーの話も。
先日、中古で買ったデーラーメイドのドライバーも試しました。
残念ながら、コースが狭く、横の端にネットが張ってあったので、そのネットに引っかかってガツンとは飛ばず。
でも、前の様な異常なスライス回転は見られなかったので、これは練習次第でなんとかなりそう
打ちっぱなしに行く楽しみが一つ増えました
うっしっし。
08 : 29 : 35 | GOLF | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ドライバー買ってみた

ゴールデンスランバー、まだ半分しか読めてません。
話のリアリティの無さが目に付き、実はイマイチ楽しめてないが、ここまで来たら全部読みます。
井上敬介です。

本日、Yahoo!オークションにてドライバーを落札しました。

買ったのはこちらの商品。

テーラーメイド r5 XL PLUS ドライバー TYPE D XL-50 カーボンシャフトテーラーメイド r5 XL PLUS ドライバー TYPE D XL-50 カーボンシャフト
()
不明

商品詳細を見る


テーラーメイドのr5 XL PLUS タイプD
この商品、先日の試打会で試したドライバーの中で私が最も気に入ったものです。

2009年モデルで、2008年10月発売のもの。
つまり2ヶ月前に発売されたばかり。


タイプDのDはドローのD
つまり、フェースが最初から左を向いていて、スライスが出にくい構造。
スペックはロフト角10.5度、フレックスR。
これらをまとめて簡単に言うと・・・超初心者仕様(笑)。


新品定価42,000円(税込み)、実売で28,000円前後(価格コムで調べた)を
中古13,650円(税込み)で落札。

むむむ。
なかなか賢い買い物だったのではないでしょうか。

新品購入も検討しましたがドライバー一本に3万円近く出すのも気が引けるので、
中古で探していたのですがロフトやフレックスまで合ったものとなるとこれがなかなか見つからない

「送料込みで、トータル1万5千円まで。来年の春までに買えれば良いので気長に探す」
と決めていたのですが、思っていたより早く見つかりました





今週末、今年最後のゴルフに行く予定。
ショートコースだけど200y以上のホールもあるようなので、
明後日金曜日の夜に商品を受け取れれば、
早速試しに実践投入してみるかもしれません。

無謀かな(笑)。
結果は乞うご期待!(←前回もこのセリフを書いた)

今日はこのあたりで。
それじゃ!
00 : 41 : 19 | GOLF | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ミステリも読んでみることにした

先週末、最初に勤めた会社の同期会を開催しました。
会の前に「ブログ書いているよ」と連絡していたこともあり、
何人かが「ゴルフブログ見てるよ」と声を掛けてくれました。
一応、ゴルフブログではありません!
井上敬介です。

先日からミステリを2冊読んで
「お、なんだ、読まず嫌いだったけど意外に面白いじゃないか」
と発見があったので、
最近売れているミステリ本を読んでみるべく本屋に直行してみたところ、
「井上さん、読んでください」と言わんばかりの顔
平積みされている本がありました。

それがこの本「このミステリーがすごい!2009年版」です。

このミステリーがすごい! 2009年版このミステリーがすごい! 2009年版
(2008/12/05)
『このミステリーがすごい!』編集部

商品詳細を見る


先ず何がすごいって価格設定がすごい(中身じゃないのね)。
何と驚きの500円
私はこういうメタ情報(情報収集ための情報)に対して価値を置いてますので、即買いでした。

中身はランキング形式になっているのですが、その内容を書くのは気が引けるので止めておきます(笑)。

ここ何年かビジネス書ばかりを読んでいたので、そのジャンルの言葉は理解できるようになっていたのですが、
「抽象的で大事な部分は古典に書いてあるし、具体的な事例は良著を選んでウォッチしていけば、
実は必要十分」

という結論に行き着いています。
(社会人として一皮剥けるとまた違ってくると思うけど)
で、自分の中でちょっとした閉塞感を感じていた中で、今回、今まで手を出していなかったジャンルの面白さを発見。

ここで一つ自分の殻をブレイク・スルー出来ればと思います。
興味の範囲が広いということは良いことだ!

と、いうことでこの中から何冊か面白そうなものを読んでみます。
次回はたぶん伊坂 幸太郎の「ゴールデンスランバー」
乞うご期待!
22 : 06 : 42 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

彼女の何が救済なのか

最近、仕事が忙しく、なかなか遊ぶ暇がありません。
井上敬介です。

先日読んだ「ガリレオ」が意外に面白かったので、
調子に乗って、二冊同時刊行の長編の方も読んでみる事にしました。

その本がこちら。
「聖女の救済」です。

聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


帯に
「おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ。」
という刺激的なアオリがついているのですが、それを裏切らない出来栄え。
前回読んだ「ガリレオの苦悩」と比べると、こっちの方が私は楽しめました。

映像化シリーズを見てから読むと、本の登場人物がそれぞれの俳優(女優)のイメージで目に浮かびます。
湯川がしゃべっていると、福山雅治が話す姿が想像できるし、
内海がメモをとっていると、柴崎コウがメモを取る姿が脳裏に現われる。
キャラクターの固定イメージ化が良いのか悪いのかは分からないが、
私は結構楽しめました。

内海(柴崎コウの役)はテレビ化する際に
「画面に女性を入れたい」
という理由で作られた「後付けキャラ」だそうなんだけど、
女性特有の勘が鋭い内海は、男性特有の理屈っぽい湯川と対照的で、掛け合いが面白い。
うまくハマってると思います。

タイトルについて。
「容疑者Xの献身」の時もそうだったんだけど、一見するとタイトルの意味が読めない。
物語が終わってから初めて
「彼の何が献身だったのか」
「彼女の何が救済だったのか」
が分かる作りになっている。
「容疑者Xの献身」の映画化の時もテレビシリーズを踏襲して
「劇場版 ガリレオ」
とした方がユーザーにはキャッチーだったわけだが、
そうせずにオリジナルままのタイトルをつけられたところを見ると、
作り手側がタイトルを大事にしていることが良く分かる。

これも映画化するかな。
今から
「誰が綾音(犯人)役をするのが良いか」
を考えておきます(笑)。
21 : 23 : 31 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ガリレオに手を出してみた

古閑美保の賞金王決定をテレビで見ていて、劇的な幕切れに驚きました。
井上敬介です。

週末はいつも元気いっぱい走り回っている私ですが、
今週は風邪をひいてしまい、おとなしく家にいました。

そんな中、読んだ本はこちら。
東野圭吾のミステリ「ガリレオの苦悩」です。

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


映画館で今上映中の映画、「容疑者Xの献身」を見て、この本を手に取りました。
(ちなみにテレビシリーズ「ガリレオ」は見たことがありません)

「流行りモノは大抵つまらない」
と思っている私ですが、この福山雅治と柴崎コウのこの映像はなかなか面白いですね。
テレビシリーズも見てみようかな。

で、肝心の本のほう。
全部で5つの短編が収録されています。
ミステリはほとんど読まない私ですが、この本は楽しく読めました。
トリックだけで終わらず、人間の人間的部分・感情の綾を描くのがこのシリーズの魅力なのでしょう。

ちなみに、ガリレオシリーズは短編集のものと長編小説がこれまでにもあり、
この本と同時に刊行された「聖女の救済」は長編小説です。

ビジネス的な視点で見て、面白いのがシリーズ通した構成。
過去のテレビシリーズはどうやら短編集を中心にした話で、
過去の長編だった「容疑者Xの献身」が映画化。

ということは、この「ガリレオの苦悩」でテレビの第二シーズンを撮って、
映画の第二弾に「聖女の救済」を持ってくるつもりか。
既にビジネス・サイクルが出来上がってしまっている。

いやらしいな~(笑)。

最近はゴルフの本(教本からエッセイまで)しか読んでなかったので、
ゴルフオフシーズンの冬の間にいろいろまた読み始めてみますよ。

それじゃ!
01 : 09 : 28 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。