スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ゴルフ 練習6回目

今日、池袋に行ったら街を行く若い女の子達が大勢で紐を食ってました
あれはなんなんだろう。
井上敬介です。

今日もゴルフレッスンに行ってきました。
やったことと動画をログに残しておきます。

先ずはアイアン。横から。




後ろから。

フィニッシュで止まらないとだめですね。
膝がちょっと曲がりすぎているらしいので、
自分の感覚では棒立ち
くらいでちょうど良いようです。


次にドライバー。横から。


後ろから。

こうやってみると右肘が開いちゃっているのが良く分かりますね。
先生からも
「トップの位置で肘が開いちゃっている。テイクバックで右肘を絞るように」
と言われたので、気をつけて今のうちに直さなくちゃだめですね。

今日やったので、面白かったのが体の力を抜く練習。
棒切れを軽く持って振り回して、音が鳴るべき場所で鳴るようにする動作。
右手はまだしも、左手は難しい。

この練習ってバガボンドで、宮本武蔵と佐々木小次郎が棒切れでチャンバラするシーンがあるんだけど、あれと同じだよね。
力を抜いて棒切れの重さを感じて振るってやつ。

バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24) (モーニングKC (1553))バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (24) (モーニングKC (1553))
(2006/10/23)
井上 雄彦吉川 英治

商品詳細を見る


むやみに振るだけだったら簡単なんだけど、綺麗にビュッと鳴らすのはなかなか難しいですね。
私、こういうタイミングを合わす動作が苦手です。

なにはともあれ、もうちょっとスイングを安定させないとダメですね。
下半身の動きに注意してまた練習しますよ。

で、ですよ。
最近ゴルフに対して本やネットで調べたので、ちょっと用語を理解してきました。
言葉が通じて、人と会話が成立するようになるとまた楽しみが広がりますね。

しかし、最近ゴルフネタばかり。
このブログのタイトルが「井上敬介のブログ」から「井上敬介のゴルフブログ」に変わる日も近いです(うそ)。

今日はこの辺で。
それじゃ!
スポンサーサイト
23 : 58 : 55 | GOLF | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ゴルフクラブ選び

完全に風邪をひきました。
今日は午前中から病院等を周ってきましたが、今からはもう家に居るつもり。
井上敬介です。

先日の惨敗を受け、軽くゴルフが嫌になりながらも、せっかく始めたのだからもう少し続けてみます。



自分なりに原因を分析した結果・・・


「クラブが悪い。」


という結論に達しました。
いきなり責任転嫁です。






ちなみに私のクラブは40年モノの貰い物
マイクラブ1

ウッドに関して言えば本当に木だ。
マイクラブ2




昔、"プロゴルファー猿"という漫画があって、その話の中で主人公の猿が
自ら木を削ってクラブを作るシーンがあったんですが、ほとんどあのノリですね。

新プロゴルファー猿 10 (10) (てんとう虫コミックス)新プロゴルファー猿 10 (10) (てんとう虫コミックス)
(2000)
藤子 不二雄

商品詳細を見る







で、本格的にクラブ選びを始めました。

ドライバーはコースに行った後、うちの社長にもらったので、考えなくて良いです。
ドライバー
マクレガーの立派なものです。
さすが社長、太っ腹ですね。
(社長と私は体型が近いので、打ち方や道具も参考になると思っています)


となると、次はアイアンセット購入ですね。

私の周りの人が言うには
初心者向けのセットを安く買うのが良いよ」
とのことですが、いかんせん私のスコアは174
これを早々に110~130くらいまで持っていこうとしたら、クラブの能力に相当頼らざるを得ない

と、いうことで最新クラブを購入することまで視野に入れて調べてみることにしました。

先ずは「本で調べてみるか」ということで、一昨日「池袋ジュンク堂」に行き、2Fのゴルフコーナーへ。
今までゴルフとは無縁だったので、ほとんど行った事がない棚ですね。

買ってきたのがこちら。
2008~2009年版 間違いだらけのゴルフクラブ選び2008~2009年版 間違いだらけのゴルフクラブ選び
(2008/04/23)
岩間 建二郎

商品詳細を見る


1995年から14年間毎年出している本らしいです。
購入後、中身を見てみると、プロゴルファーが120本のクラブを打った感想をパラメータ化しています。
で、初心者向けのアイアンセットを見ると・・・

ありました、ありました。いかにも初心者向けのが何本か。

岩間プロのコメントを参考にしつつ、
・ザ・ゼクシオ アイアン(ダンロップ)
・インプレスX D ブラック(ヤマハ)
・スリングショット 4D アイアン(ナイキ)

あたりにターゲットを絞りました。

ゼクシオとインプレスは売れ筋路線だそうですが、スリングショットはちょっと毛色が異なります。
我々30台前半の人間は
「スポーツメーカー = ナイキ = 格好良い」
という方程式が若い頃(マイケル・ジョーダン全盛期)に刷り込まれていまして、
「きっとゴルフも同じに違いない」
おかしな思い込みが続いています。

そこを踏まえた上で、本日、新宿のヴィクトリアゴルフに行って、試打させてもらってきました。

カタログも貰ってきています(左からヤマハ、ダンロップ、ナイキ)。
カタログ


打ったのは上記の3本。いずれも7番です。
打った結果を図で書くとこんな感じ。

インプレス>=ゼクシオ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>スリングショット

インプレスとゼクシオはほぼ同じ。スリングショットはかなり打ちにくい。
というのも、前者の二本はカーボンシャフトで、後者はスチールシャフトだから。

初心者にはカーボンシャフトの方が打ちやすいと聞いていたのだが、ここまで違うものとは。
全然別物ですね。

ナイキ残念。こりゃ無いわ。

で、残りはインプレスとゼクシオですが・・・。
顔がインプレスの方が格好良い。よって、インプレスの方が上。」という結果に。
もうこの辺は好みですね。

と、いうことで結論。
インプレス X D Black購入(ただし、中古で)します。
http://www.yamaha.co.jp/product/golf/main.html#/x_08/
inpres

これ買って練習しますよ。

今日はこの辺で。
それじゃ!
18 : 39 : 40 | GOLF | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゴルフ、初ラウンド

ちょっと風邪気味っぽいので結果報告だけ。

本日、初めてゴルフコースに出ました。
結果は










































174


惨敗です。
市川先生、すみません。
練習でやったこと、コースに出たら全部忘れました。

練習します。
道具も買い揃えます。

写真を撮ってくることすら忘れてました。
それはまた次回。

それじゃ!
22 : 31 : 06 | GOLF | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

二冊のグーグル

明日は朝からゴルフの予定。いよいよ本コースデビュー。
井上敬介です。

会社帰りに本屋を覗いてみると雑誌のコーナーで似たような特集タイトルのビジネス誌が二冊、私の目に留まった。
週刊ダイヤモンド「儲かる会社の『グーグル化』大革命」と週刊東洋経済「Google 10年目の大変身」だ。
二冊とも本日発売。

Google雑誌二冊

「おぉ、これは面白い。Googleのことは結構好きだし、いっちょ二冊とも買って読み比べてみるか」
ということで、プチ大人買い。
二冊で締めて1,260円也。

では順にザクッと中身を紹介。




■週刊ダイヤモンド「儲かる会社の『グーグル化』大革命」
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=20244092708
グーグルのような無料(もしくは安価な)情報サービスで武装することにより、中小企業はその収益性を向上させることが可能になってきている」という内容。
うちの会社くらいの規模(40名弱)がターゲットど真ん中だ。

俗に「30人の壁」とか「50人の壁」とかいう言葉があるんだけど、
ちょうどこの位の人数で
  組織が階層化→
   情報伝達が遅くなる→
    収益性が落ち始める

という企業にとってマイナスの要素が絡み合ってくるわけで、それを上手く処理できる中小企業が生き残っていくということだな(個人的解釈)。

うちの会社は情報技術を売っているわけだが、こういうサービスを社内で効率良く組み合わせた解を公開し、「中小企業の情報化モデル」として、宣伝するのも悪くないかもしれない。
住宅展示場のモデルルーム的発想ですな。

ちなみに特に明記はされていないが「グーグル化」という言葉はおそらく勝間和代の著書「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」からの引用だろう。




■週刊東洋経済「Google 10年目の大変身」
http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/2008/0927/index.html
前者が「Googleに代表される情報化技術を利用するユーザー」の特集であったのに対して、こちらは「Googleという企業」に対してスポットを中てた内容

Googleは今月だけでもGoogle Chrome(Web ブラウザ)や、Google Archive Serch(新聞記事検索。未だ海外のみ。)といった刺激的な?サービスを発表しており、その技術力・チャレンジ精神は感嘆すべきなのだが、残念ながらサービスが雑多になりすぎて「何がやりたい会社なのか不明」になりつつあるのもまた確かだ。

Googleについては技術者としてちょくちょく考えることがあるのだが、個人的には「もうちょっとサービスを整理して欲しいが、基本的には好き。そして、利用できるものは最大限利用させてもらう」という姿勢のつもり。


■二冊読み比べて
個人的に面白かったのは、ダイヤモンドかな。
技術者的視点からはGoogleは「数少ない『入ってあげても良い大企業』の一つ」なのだが、今のところ今の勤めを辞める予定はないんで、会社の中身を取り上げている東洋経済は
「へー、そうやってんのか」
といった参考程度に留めておく。
(儲けの仕組みについて考えるのは好きなんだけどね)

会社帰りに雑誌を買ってきて、その日の内にブログにレビューを書く私も多少なりともグーグル化されてるかな、と自分で思ってます。
はい。
23 : 58 : 16 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

GOLF 今からプロ目指すぜ

しばらく忙しくて日記全く書けていません。
井上敬介です。

実は今年からゴルフを始めてます。
8月からスクールにも通ってます。

ちょっとスクール選びについて小話。

あるゴルフスクールで一度レッスンを受けてみたのですが、高齢の男性がコーチ加齢臭がきつく、
「この至近距離でずっとこの臭気はキツイな」
と思った体験がありました。
サービス業としていかがなもんかと。
これでは続けて通う気にはならないですね。


で、他にも当たってみて、今現在私の通っているのは六本木ゴルフアカデミー池袋校
数あるゴルフスクールの中からここを選んだ理由は家から近いこと、
コンピューターによる解析を使ったコーチの説明が分かりやすく、初回で大きな納得感を得られたことですね。
ちなみに私のコーチは20代の女性コーチです。
クラブを構える姿勢が格好良い方です。
もちろん加齢臭の心配はいりません(←重要)。


今朝も45分のレッスンを受けてきて、その時コーチから私のスイング動画を貰ってきたので、私のスイングの変遷が分かるよう一挙公開してみます。

■8月10日レッスン初回。
コーチから
「先ず打ってみてください」
と言われて、本能のままに振ってみたのがこちら。

今見るとちょっと恥ずかしいです(恥)。
インパクト後がかなり窮屈そうですね。

で、45分のレッスン後の動画がこちら。

お、かなりゴルフっぽい。
45分で激変

■8月30日レッスン2回目。
初回から3週間ほど空いた2回目。
「ここにしばらく通うぜ」
と決めて、年会費を払った直後。
前回のおさらいをしつつ打ったレッスン前のスイング。


で、これがレッスン後。

ちょっとスイングが小さいですが、この時は確か「ローテーション」と云う
「左手首を返してクラブのフェースをボールに正しく当てる動作」
の練習をしてたはずです。
確か。

■9月6日レッスン3回目。
この時は練習前の動画無し。
で、これが練習後。

この時は確か前に自然に出来ていたバックスイングが悪くなってしまったので、
左肩を使って押しながらクラブを上げる動作を練習していました。

ちなみにこの日この動画の直後、会社の同僚と打ちっぱなしにおさらいに行っています。

■9月14日レッスン4回目。
いつもと同じく前回のおさらい中。


ここから体重移動の練習を始めました。
右足に体重を乗せた後、左足に体重を乗せて、腰を切って振っていく形です。
で、その練習後がこちら。

私が
「腰のくねりがちょっとオカマっぽいですね」
と言ったんですが、コーチによると
「体を使って振れてるから、前より良いんですよ」
とのこと。
へー。そうなんだ。

■9月20日レッスン5回目。
アイアンを振っているところ。


ちょっとローテーションのタイミングを早めにしています。
というか、体の軸がブレちゃってますね。

で、次が問題。
ドライバーへの挑戦。

他のクラブと振り方が違うとのこと。
へー。知らなかった。


以上、今日までの変遷でした。

ちなみに最終形はこれ。



今からプロ目指すぜ。(うそ)



冗談はさておき。
今の個人的課題を3つ挙げると
・肘を伸ばす時間をできるだけ長くとって、スイングを大きくすること。
・スイングのテンポをゆっくり保つこと。
・ローテーションをしっかりととって、フェースをボールにしっかり合わせること。

ってことくらいかな。
(本当はもっとあるけど)

ゴルフはしばらく続けるので、これからもちょくちょく状況をブログに載せていきます。
それじゃ!
23 : 47 : 50 | GOLF | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

IT技術者交流会

本日は会社の同期会(うちの会社は新人も中途も併せて開催するのが慣わしのようです)に参加してきました。
同僚の家に行ってのホームパーティー形式で開催されたのですが、会社の仲間とプライベートで付き合える雰囲気を私は結構気に入っています。

井上敬介です。

昨日、渋谷の東宝ビル会議室で開催されたD-Alley IT技術者交流会に参加してきました。

私はこちらの交流会にはもう2年近く通わさせていただいているのですが、毎回とても楽しく参加させていただいています。

新しく参加される方、しばらく期間をおいて参加される方、毎回継続的に参加される方。
いろんな方から近況を聞いて、業界の動向について話をするこういう機会を私はとても貴重だと感じます(もちろんクダケた話もたくさんします(笑))。

「エンジニアこそソーシャルな(社交的な)活動を行うべき」
というのは私の持論です。

業界を見渡すとエンジニアという人種は
「俺はこれで良いんだよ」といった風の内向的な方が多いのですが、
自分と同じように情報技術を生業としている人達と交流し、
自分の視点から以外にも色々な見方があることを知るべきです。

そういう活動をしていると、いざ自分で作業するときにもそこで仕入れた情報を肥料に新しいアイディアが生まれやすくなります。

また、そこで知り合った外部の人たちと協力して一緒にビジネスを構築する機会も作れるかもしれません。

どんなに優秀な人間でも個人でできることには限界があります。
ですので、お互いに協力しあえる関係を作っていくことは仕事をする上で最も重要視すべきプロセスだと私は考えています。

==============================
おまけ:
二次会で食べたマグロの兜。



初めて食べたのですが、頭も部位によっていろんな味がして、
「一粒で二度おいしい。いや、三度、四度美味しい」
とお得感満載でした。
23 : 59 : 33 | IT | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「俺の74円返せ」

会社のボーリング大会やら、なんやらで日記の更新サボってしまいました。
井上敬介です。

4冊分ほど本のレビューが溜まっているので、ちょっとずつ書いていきます。

今回はこちら。
“環境問題のウソ”のウソ“環境問題のウソ”のウソ
(2007/12)
山本 弘

商品詳細を見る

です。

先日の日記にも書いた通り、「偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))」という本を既に読んでいますが、その本の著者が書いた前著「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」という本の矛盾点を突いていく内容になっています。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
(2007/02)
武田 邦彦

商品詳細を見る

(↑こっちの本は読んでないですが、同著者の書いた本と内容が重複しているようなので読む気はないです。)

「偽善エコロジー」と「“環境問題のウソ”のウソ」の2冊を読んで、環境問題に対する私のスタンスができたので、そこだけ先に書きます。





環境問題に対するこれからの私のスタンス
「これまで私は環境問題についてそれほど深く考えず、分別も『やらされている感』でしかやってこなかったが、これからは『自分の意思で分別・リサイクル』する。
今後は環境問題にも関心を持ち、積極的に関わっていく。」

そして、
「環境問題については、現在未来の結果がハッキリしているわけではないが、少なくとも武田教授の理屈を私は全く信じない。」






じゃあ、そういう考えに至った理由を少し書きます。

「“環境問題のウソ”のウソ」を読んで分かったのですが、
武田教授の言っていることは知れば知るほどメチャクチャ

教授曰く「『地球温暖化騒ぎ』の元となった」朝日新聞の記事があるのだが、その記事が掲載されている1984年1月1日の紙面構成はこう(「“環境問題のウソ”のウソ」に紙面のコピーが載っています)。
朝日新聞

日付に2034年とある未来の出来事の記事。
正月にある「UFO出現!」といった冗談の類のあれだ。

武田教授はこの「海面上昇で山間へ遷都計画」の記事を指して、「これが、その後の『地球温暖化騒ぎ』の元になった記事だった。」(原文まま)と言っている。

・・・。
なるわけない。

2034年付けで「教師ロボ殺しは生徒」、「老人暴走族また」などと一緒に並べられた記事を真に受ける人なんていない

もし、武田教授が本気で「この記事が悪の元凶だ」と信じ込んでいるのなら、私は「残念ながら、武田教授は心神喪失しているのだな」と思わざるを得ない。

そういう精神状態の人が書いた本がベストセラーとして本屋の店頭にならび、あたかも本当のことのように語られているなんて、世も末です。
(ググッてみると分かるのだが、教授の本の読者の中で、内容を怪しいと感じる人より鵜呑みで信じている人の方が多いようだ)



心神喪失している人に対してこういうのも忍びないのだが、私が「偽善エコロジー」の購入代金として本屋さんに払った740円のうち、10%の74円が印税として武田教授の懐に入っている現実を考えると、釈然としないものがある。

電車代(私が電車で移動しても環境負荷は変わらない。私のお金が減るだけ)を掛けて中部大学の教授の研究室まで出かけて行き、
「あなたの言うことはウソばかりだ。
私の払ったお金をあなたが好きに使うことに対して、私は納得できない。
だからあなたの財布の小銭のうち74円を私に返せ。

といってやりたい気分だ。
20 : 46 : 07 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「Firefox 3 NITE」に行って来ました!

ここのところよく雨が降りますね。
今週末に予定している会社のキャンプも無くなりそうな雰囲気。
それは嫌だなぁ。

井上敬介です。

本日先ほど、池袋ジュンク堂で開かれた「Firefox 3 NITE」に行って来ました。
「Firefox 3 Hacks―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック」刊行記念として、本の執筆陣と瀧田佐登子さんを迎えて開催されました。

「Firefox 3 Hacks―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック」


実は私もFirefoxユーザー(今、この文もFirefox上で書いています)です。
「どんな面白い話が聞けるのかな?」
と楽しみにして行って来ました。

事前に限定40名と聞き、
「本屋のイベントにそんなに来るのかな?」と思っていたのですが、
行ってみてビックリ!

満員です。
FireFoxNITE
(雰囲気が伝わるように写真を載せましたが、写っていて気分を害された方がいらっしゃいましたら言って下さい。削除します)


私が個人的に聞きたかったのはブラウザ(+コンピュータ)の将来の話。
昨日から「Google Chrome」β版のダウンロードが始まっているという絶妙なタイミングもあって、
こちらが聞くまでもなくこれは話題に上りました。
執筆陣は
「現実として世の中はクラウド・コンピューティングに向かっているし、ブラウザもそれに合ったモノとして進化していく」
と話していました(合っているかな?)。

以前から話題になっていたのにあまりピンと来ていなかった井上ですが、最近になってようやく肌レベルでその雰囲気を感じるようになってきました(笑)。

いつでもどこでも即座に必要な情報にアクセスするには、ブラウザの手前に情報を置くよりも、向こう側に置いていた方が確かに便利。

Webの技術が進歩して、どんな未来が来るのか。
楽しみです。
=====================================
おまけ。
お土産にもらったFirefoxネックストラップ、Firefox携帯ストラップ、Firefoxシール
FireFoxグッズたち
mozilla japanは良い組織ですね(←現金なヤツ)。
21 : 47 : 36 | IT | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ドクターフィッシュ(動画付き)

先日言っていた押井守監督の「スカイ・クロラ」を観て来ました。
世界に誇れる映像技術を観て感心させられました。
悲しいお話でしたが、私は好きです

ちょっと前置きが長くなりました。
今日も楽しくブログを書きましょう。
井上敬介です。

読んだ本のレビューが溜まっていますが、今日はあまり時間が取れないので軽い内容で済ませます(笑)。

昨日、今年の頭くらいから通っている池袋の「ドクターフィッシュ」がいるお店に行ってきました。

Wikipediaからドクターフィッシュの辞書的意味を抜粋しますと
「西アジアに住む淡水魚で、37℃程度の高い水温でも生息できるため、トルコなどの温泉にも生息する。温泉に入ったヒトの古くなった角質を食べる習性があり、それによってアトピー性皮膚炎・乾癬など皮膚病の治療効果があるとされる」
魚です。

簡単に言うと足の老廃物を食べてくれる魚です。
私は親しみを込めて
「お魚ちゃん」
と呼んでいます(笑)。

水に足を浸けると、お魚ちゃんはこんな感じで足を食べてくれます。
くすぐったい感じがなんともたまりません。


一生懸命で頑張っていますよね。

彼らが
「美味い、美味い」
と言っている声が私には聞こえます。


ブログでは真面目な?話題を取り上げることが多いですが、
普段の私はこういう「ネタ的な話」も大好きです。

「五歳児魂」を忘れないために、今後もこういう下らないネタを探して行きますよ。
22 : 12 : 45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。