スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

私はこう読む

IT Media の下記の記事へのトラックバック。
 本から必要な情報をくみ出す方法【チュートリアル編】
 http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0808/16/news002.html

私は以前からたくさん本を読んでいたのですが、
ある時から「とにかく量を読む」ことを目標にすることにしました。

量読むようにすると、知識の種類・幅は増えるのですが、
一冊一冊に対して取り組む姿勢がなおざりになり、
一冊から仕入れられる知識の質が落ちてしまいました。

そこで
「やはり本に対して取り組む姿勢が大事。
自動的に自分を貪欲にさせる仕組みを作らないといけない」
と思い、読んだ本に対してブログで感想を書くようにしました。

それが、ブログで最近書いている「本」のカテゴリーです。

公開することを前提にすると、真剣に取り組まざるを得なくなります。
このやり方で私は本を読むモチベーションを取り戻しています。

「ページをめくる際の情報処理の仕方」として読書法が語られることが多いですが、
これはそれ以前の前準備になります。



ここから情報の処理方法の仕方としての読書法の話に。

ブログで書くことを前提とした際、
「あ、ここ重要。後でブログに書かないと」
と思った箇所があると、そこになんらかの「記し」をつける必要があります。

最近、私はその「記し付け」を付箋で行っています。

その時、横書きの本の場合、

・ある行が大事な時には横向きでその行の横に付箋を貼る
本に付箋を貼る(横)

・ページ全体が大事なときには縦向きで付箋を貼る
本に付箋を貼る(縦)
とルールに沿って貼っています。

全体を表紙から見るとこういう外観になります。
本に付箋を貼る(全体)
このやり方の良いところは、本を閉じた状態でもどこのページが重要かが分かるところです。

これが実は超強力。
本に直接メモを書き込んだ場合、不必要なページにも目を通してメモの有無を探す羽目になりますが、
このやり方だと付箋の無いところに目を通す必要が無くなるので、
情報へのアクセススピードは格段に上がります。

偉そうなこと言っていますが、実はこのやり方、私のオリジナルではありません。

何年か前にビジネス雑誌(確か日経ビジネスアソシエだったと思う)に掲載されていた方法を
たまたま記憶していて、最近ブログを書くようになって、うろ覚えながら実践しています。

こちらはまだ改善の余地がありそうなので、今後もいろいろ試してみます。




そして最後に。
後処理として、ブログに自分の視点で意見・感想をアウトプットするようにしています。
今のところ、誰かに見せるというよりも、備忘録といったスタンスで書いています。

あまり「一行入魂」というテンションだと、そのうち面倒くさくなりそうなので、
苦行にならない程度に、「続けることが目標」という気楽な感じでやっていきたいです。
スポンサーサイト
23 : 50 : 52 | LIFE HACKS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログを書くという一つの習慣に対して複数の経路を持つことにしてみた

今日も頑張って?ブログ書きます。
井上敬介です。

先日の日記でシゴタノ!主催の大橋悦夫さんが「一つの習慣に対して複数の経路を持つと良い」と話をされていた、と書いた。

「今日はやる?orやらない?」と自分に問いそこから「やる」と答えるのより、
一つの習慣に複数の経路を用意して「今日はどれをやる?」と自分に問う環境を整えた習慣の方が長続きするということだった。
確かに後者は一番難しい「やる」という初期動作が既にあるものとして、
考えるのでスムーズに取り掛かれる。

その時、私は「なるほど!」と感心したので、
これを今の自分自身に置き換えて解釈し、ちょっと考えた。

これはもしかしてこういうことではないか?
「ブログを続ける時にも、『一つのブログに5つのテーマを書く』というよりも、『テーマに沿った5つのブログを用意してどれか書く』方が実は楽なんじゃないか?』
と。

仮説が立ったので、実際にやってみることにする。(←この辺りで実行するのが私の良いところ)(←自分を褒めるのが長続きするコツ)

さらに
「あ、そういえばブログをFC2にしたのも
ブログ比較サイト』を見て、『一番良い』と書いてあったものに決めただけだったんだから、
実際に自分で色々なサービスを使ってみて試せばちょうど良いんじゃない?」
との思考も走ったので、
どうせ分けるならバラバラのサービスにすることにする。

と、いうことで早速今から取り掛かかります。
19 : 41 : 02 | LIFE HACKS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

『シゴタノ!セミナー:自分を変える「小さな習慣」のつくり方』に行って来ました!!

入梅してしばらく経つのに、良い天気が続きますね。
井上敬介です。

今日(6月14日)14時~15時の間、渋谷のティーズ東宝ビル別館にて開催された
『シゴタノ!セミナー:自分を変える「小さな習慣」のつくり方』に参加しました。

シゴタノ!主催の大橋悦夫さん、Lifehack.jp主催の堀 E. 正岳さんのお話を聞くことができました。

写真は会の開催前の様子です。
シゴタノ!セミナー:自分を変える「小さな習慣」のつくり方


今日のお二人の話を聞いて、私が持って帰ってきたことを1つずつ。

先ず、大橋さん。
「一つの習慣に対して複数の経路を持つ」というお話が心に残りました。
自分に対して、「やるorやらない」を問うのではなく「どれをやる?」と問える環境を整える。
そうすることで「やる、やらない」という初動をすっ飛ばした思考に持っていくという荒業(笑)。
論理の摩り替えで自己をダマすというところが気に入りました。

そして堀さん。
話の本筋ではなく、ちょっと枝の話になるのですが、個人的に面白いと思ったのが「Doing List」
直感的に「お、これいけるかも」という感覚は結構大事ですね。
私も明日から実践してみますよ!

総括。
セミナーに出席する、交流会に出るというソーシャルな活動はやっぱり楽しいですね。
今後もこういう機会を見つけて、積極的に足を運んで行きたいと思います。

おまけ:
たまたま隣の席に座らせていただいたウジトモコさんにご自身の著書「視覚マーケティングのススメ」をいただきました。
しかも、ご丁寧にサインまでいただいて。
明日、早速読んでみます!

視覚マーケティングのススメ視覚マーケティングのススメ
(2008/05/14)
ウジ トモコ

商品詳細を見る
01 : 16 : 50 | LIFE HACKS | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。