スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

本当のエコとはどこにあるのか

しばらく天気の悪い日が続きましたが、今日は夏らしい日になってくれましたね。
久しぶりに半袖を着られてなにより。
井上敬介です。

昨年の話です。
夜半に新宿を歩いていたら、丸井の前に長蛇の列
あまりの異様な光景に私は
「これはなんの列だろう?」
と思い、列に並んでいる人に聞きました。

答えは
「有名なデザイナーがデザインしたエコバッグが売られる」
とのこと。

私にとってはかなり意味不明な行動だったのでビックリしました。

今回取り上げるは武田邦彦著「偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する 」です。
エコバッグの話ももちろん出てきます。

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))
(2008/05)
武田 邦彦

商品詳細を見る


著者は「『リサイクル』のような一見善意に見える言葉を利用して、一般人を騙す人が大勢いる」ということを主張しています。

例えば先のエコバッグ

レジ袋は原油の中でも使いようがないので燃やしていた部分を使って作り始めたという経緯があるそう。
つまりレジ袋自身がエコ商品ということらしいです。


利用イメージを絵にするとこんな感じ↓ですかね。
偽善エコロジー1

ところがエコバッグを作るとなると、原油の「使い道がある部分」を使わないと(ほとんどの製品が)作れないないらしいです。
偽善エコロジー2

驚き。
明らかに前者より原油を使うことになってます。

こういうことが環境問題への取り組みとして堂々と展開されており、
儲かるのはエコバッグを売ることを商売としている人達だとのこと。

この話を聞いて私は「マジかよ」と驚愕しました。
(後で知ったのですが、結構有名な話だそうですね。すみません)

この他にも
  • 「分別ゴミは分別回収した後、まとめて燃やされる(←分別行為が無駄)」、
  • 「家電リサイクル法に基づいて回収されたテレビが、実は海外に中古品として売られていく(←リサイクルしなくても違法ではないらしい)」
と、著にはこんな話が延々載っています。

著者(東大卒の博士で中部大学教授。文部科学省科学技術審議会専門委員等の政府関係の仕事もやっているらしい)の話が仮に当だとすると、これはちょっとひどい話ですね。

しかしです。
素人の私には著者が言っていることが100%当だとの確証も持てない。
彼の言っていることを鵜呑みするのも違う気がする。

いったいどっちを信じて良いのか。

ちょっと結論保留。
自分で色々調べてみます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【8/28(日記の翌日)追記】重要
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
未だ結論保留中。
今週末にこのも読んでみて自分で判断します。
“環境問題のウソ”のウソ“環境問題のウソ”のウソ
(2007/12)


商品詳細を見る

スポンサーサイト
23 : 59 : 43 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

重複あり、漏れあり

朝夕寒くなってきましたね。
井上敬介です。

今日もの話です。
池袋ジュンク堂で中身を精査せずにレジに持ち込んだのは、現在IT業界で「面白い」と話題のです。

ITエンジニアのための仕事を速くする9の基礎力と7のエクササイズ(ITproBOOKS) (ITpro BOOKs)ITエンジニアのための仕事を速くする9の基礎力と7のエクササイズ(ITproBOOKS) (ITpro BOOKs)
(2008/07/24)
芦屋広太

商品詳細を見る


について書くとき、私はいつも速読で読んでちょっと感想を書く程度ですが、
今回は自分の専門分野なので、ちょっと厳しい目で見ます。




このに対する私の個人的評価は
「ところどころ面白い部分もあるが、全体を通して論理構成が崩れており、内容に嘘もあるため、
単なる『読み物』の域を出ない」

というところです。
正直、期待外れ。



では、「全体の論理構成が崩れている」ところと、「内容に嘘がある」ところについて具体的に言及しましょう。

全体の論理構成が崩れている
著者は9の基礎力の1番目として「論理的思考力」を挙げています。
私も「論理的思考力(=ロジカル・シンキング Logical Thinking)」はITエンジニアには必須の能力だと思いますが、残念ながらこの本自身が論理的に構成されていません。
「論理的思考力」の基本であるMECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive ミッシー=重複なく、漏れがない)な構造になっておらず、重複と漏れがひどいです。
「基礎力5 説明力」の説明に「(基礎力3で説明した)構造化力を使う」ということが書かれていますが、
真に論理的な考え方を持っていれば、章の独立性を重んじ、「別の章におんぶ」という構成は極力避けるはずです。

■内容に嘘がある
構成の崩れだけではなく内容に嘘があります。
「1 論理的思考力」の内容は、本来なら「論理的(Logical)」「思考力(Thinking)」を意味する「ロジカル・シンキング」について言及すべきですが、著者は「予想される反論を反映する」と「批判的思考(=クリティカル・シンキング Critical Thinking)」について述べてしまっています。
(「基礎力3 構造化力」の方が本来の「論理的思考力」の意味に近いです)
著者が単語の正確な意味と内容について深く考察せず、日本語の響きから受ける感覚的解釈で本著を書いている印象を受けます。


本著を「面白い」と評する人は多くいると思いますが、まだ読んでいない人から
「『9の基礎力』と『7のエクササイズ』の構成をザッと教えて」
と言われると答えに困るでしょう。
なぜなら著者が語るべき内容を体系化出来ていないため、読者は本の内容を脳の中で再構築することができないからです。
なのでこの本を読んでも、大半の読者は「あ~、面白かった」で終わってしまうでしょう。
これではダメです。

優れたビジネス書の多くは構成が体系化されており、読者は頭の中で本の内容を再構築することができます。
こうすることで読者は内容をスムーズにアウトプットすることができます。

残念ながら、本著はそこまで至っていません。
個々のエピソードに面白さはあるだけにもったいないですね。



ここまで批判的(クリティカル!)意見を書いてきましたが、
「否定をするなら、必ず代替案を示す」
のが仕事で最低限通すべき筋です。

では次回、ビジネス基礎力について「私ならこう書く」というものを示してみましょうか。
01 : 36 : 09 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

本屋さんの5つの条件(後編)

一昨日、2ヶ月前から準備していた会社対抗のプレゼン発表会がありました。
3チームの争いの中、結果は見事優勝。
やったことにポジティブな反応が出るとうれしいものですね。

それはさておき、今日も独り言を言いながら歩いていきますよ。
井上敬介です。

前回、屋さん選びに
 ・自分にとって便利な場所にあること
 ・蔵書量が多いこと
 ・綺麗であること
 ・なるたけ遅い時間まで開いていること
 ・椅子を置いていること
の5つの条件を私は重視していますと書きました。

今日は「屋さんの5つの条件(後編)」として、東京都板橋区在住の私がいったいどこの屋さんに足を運んでいるかを書きます。



えー、まず第3位。
「ジュンク堂 新宿店」
蔵書量、綺麗さ、椅子はほぼパーフェクト。

難点はロケーション。
新宿駅から若干遠い。
三越の上なのでエスカレーターが面倒。

はす向かいに紀伊国屋があるのだが、あっちは店舗も汚く、の並べ方も煩雑。
なぜ向かいに渡らないのか、私には意味が分かりません(笑)。


次に第2位。

「ブックファースト ルミネ新宿2店」
ここの良いところはまずロケーション。新宿駅の上にあるのは便利すぎ。
そして見逃せないのは夜23時までやっているところ。
「遅くなったけど帰る前にちょっと屋に寄りたいな」、って時に使えます。




そして第1位は・・・

「ジュンク堂 池袋店」です。

ジュンク堂正面

私の書店選び5条件のうち22時に閉まってしまうこと以外、ほぼ全てクリアしています。

素晴らしい。

2日1回はお邪魔してます。
昨日も行きました。そして今日も行ってます。

本棚

あまりに通いすぎてちょっとした本の配置換えにも気づくほどです(笑)。

そして椅子に座って本を読んでいる人たち。
座り読み
私もしょっちゅうこの人たちに仲間入りします。


で、もうひとつ、ジュンク堂池袋本店ならではの特徴が。
なんと週二回、様々な本の著者を招いてのイベントやってます。
HPはこちら
たいてい4Fの喫茶コーナーでやってます。
喫茶コーナー
1,000円で1時間半くらいの時間、話を聞けます。
テーマは「プログラム言語」「源氏物語」といった堅いものから「銭湯の話」といった砕けたものまでノージャンルです。
私は月イチくらいの頻度で何かしら聞きに行きます。
先日の日記もここでのイベントのものです。


今日のところはここまで。内容はいかがだったでしょうか。
後半はただ「ジュンク堂池袋本店万歳」と言っていただけでした(笑)。
でも、ここはかなり好きですね。
これからも長く付き合うことになりそうです。

おまけ:
実は今浅草に居ます。
今から隅田川花火大会見てきます。
それじゃ!
18 : 37 : 48 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

本屋さんの5つの条件(前編)

ハリーポッター最終巻が出ましたね。
4000円出して買おうかどうか悩み中の井上敬介です。


年間最低でも100冊はを読む私。
屋さん選びにも実はちょっとしたこだわりがあります。

今回は「屋さんの5つの条件(前編)」として、そのこだわりについて書いてみます。
では、はじまりはじまり。



先ず第1に「自分にとって便利な場所にあること」。
わざわざを買いに行くのに電車を乗り継いで行く気はないので、通勤圏内にあればベスト。
駅から遠い場所もあまり行かないです。

次に第2に「蔵書量が多いこと」。
買いたいによって書店を使い分ける人もいるそうですが、普通の人にはちょっと面倒くさいですよね。
読むべきが少ない書店にはやはり足が遠のきます。
駅前で頑張っている本屋さんには申し訳ないですが、ユーザー側の率直な気持ちです。

第3に「綺麗であること」。
「綺麗」とは書店の壁や床といった書店自身の清潔さに加え、本棚の本の並べ方などを含めた総合的な綺麗さを指します。
誇りっぽい本屋(たまにダンボールを出しっぱなしで、店舗の一部が物置になっているひどいところもあります)にはあまり行く気にはならないですね。

第4に「なるたけ遅い時間まで開いていること」。
仕事帰りにも寄れるように最低22時か23時まで、できれば夜中まで開いているととても嬉しいです。


ここまでは結構普通ですが、私のこだわりは最後の5つ目。









「椅子を置いていること」です。


「客の回転を挙げる」ことはあらゆる客商売にとって重要な課題ですが、本屋さんでは客の居心地を良くして、訪問回数を上げることの方が重要だと思います。
客側からみると「適当に選んでさっさと帰れよ」と言われるより、「どうぞごゆっくりお選びください」と言って貰える方が当然気持ち良い。
椅子を置いていると、書店が顧客志向経営であることを垣間見るようで断然好印象です。



と、いうことで独断と偏見に満ちた私の「こだわりの5条件」はいかがだったでしょうか。


次回「本屋さんを選ぶ為の5つの条件(後編)」では、私のお気に入りの本屋さんを紹介します。
お楽しみに。
01 : 30 : 35 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

井上敬介

Author:井上敬介
東京都在住のシステムエンジニア井上敬介です。

「5歳児魂」をモットーに日々あらゆることに興味を持って生きています。

兵庫県姫路市生まれ。
北海道大学工学部情報工学科卒。

2000年~2005年 株式会社セガ・エンタープライゼス(現セガ)。
2005年~2007年 株式会社Qript。
2007年~ 株式会社システムクォート所属。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

書評イベントBlogIT旅行雑記

タグcloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。